shiny photoblog

主に風景。たまに旅行。そして、ねこ。

【旅フォト】見渡す限りのチューリップ!北海道・上湧別チューリップ公園

f:id:shiny1793:20170604181159j:plain

北海道のチューリップの名所、かみゆうべつチューリップ公園へ行きました。

作付面積は7万平方メートル(東京ドーム1.5個分)の広さ。

そこにびっしりとチューリップが咲いていて、見応えは抜群。

さすが北海道、こういう場所の広さのスケールが本州と違うのです。広さと花の数でこちらを圧倒してきます。

 

 

Tulip Park at Hokkaido

様々な品種が植えられていて、色も形もバリエーション豊富。

端から端まで歩くとけっこう大変ですが、飽きずに楽しめました。

通路には品種名の書かれた看板が立っており、「ほうほう、これは○○という名前か」と思いながら花の色・形との間に関連性を見つけたり見つけなかったり。

 

 

Tulip Park at Hokkaido

チューリップといえばオランダ、オランダといえば風車、的なインスピレーションなのか・・?でもフォトジェニックで良いと思います。

ちなみに展望台になっていて、周囲360度のチューリップを眺めることができます。

 

Tulip Park at Hokkaido

チューリップ畑というのは上手く撮るのが意外に難しくて。

実際は列と列の間が結構空いているので、密集感を表現するには構図が限られてしまいます。

今回はズームレンズの望遠端でほんとんど撮影していました。望遠で撮るとギュッと密集感が出るのです。

 

 

Tulip Park at Hokkaido

ムスカリという青い花に囲まれるチューリップ。

そういえば青いチューリップって見かけないからムスカリとチューリップはいい組み合わせですね。

 

Tulip Park at Hokkaido

 

 


Tulip Park at Hokkaido

風車の後ろ側から。

見渡す限りのチューリップがほとんど同時に咲いているのがスゴイです。

何かノウハウとかあるんでしょうねー。

ちなみに僕が行ったのは5月中旬頃。6月に入った今はもう見頃は過ぎているようです。

花の命は短し。

 

 

ひとしきり見て回ると、そろそろ写真も似たようなものばかりになってしまいます。

少し頭をひねって変化をつけてみます。

Tulip Park at Hokkaido

手前にボケを入れてみる。

もっと望遠だったら良かったかな。

 

Tulip Park at Hokkaido

 

 

Tulip Park at Hokkaido

思い切りローアングルで手前に一輪と背景にたくさん。

これはいい感じに決まったと思います。個人的に好きな感じ。

 

 

という感じで、たくさんのチューリップの撮影を楽しみました。

 

チューリップの開花時期は「チューリップフェア」として色々なイベントやお店、グッズ等々もあるので5月のおでかけスポットとして超おすすめです。

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...