読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shiny photoblog

主に風景。たまに旅行。そして、ねこ。

七夕の夜、大阪の街に天の川。「平成OSAKA天の川伝説2014」


SonyILCE-6000 + SEL1670Z / 16.0mm / F4.0 / ISO3200 / 1/40sec

 

7月7日、七夕。

 

大阪の大川、天満橋~北浜エリアでは「平成OSAKA天の川伝説」というイベントが行われたので行ってきました。

 

「平成OSAKA天の川伝説」とは・・・

LEDを中に仕込んだボール”いのり星”を大量に川に流して天の川にみたてるというもの。

今年で5回目の開催になるそうです。

 


SonyILCE-6000 + SEL1670Z / 16.0mm / F5.6 / ISO200 / 1/60sec

イベント開始30分前、天満橋からの風景。

 

この時点でかなりの数の人が集まっていました。

ちなみに天満橋では立ち止まっての観覧は禁止で、観覧可能場所は川の両岸と中之島公園になります。

 

 


SonyILCE-6000 + SEL1670Z / 16.0mm / F8.0 / ISO1600 / 1/60sec

開始10分前。日没時間となりわずかながら夕焼けに。

ただし東側から雲が空を覆います。このあとずっと曇りでしたが雨は降らなかったので良かったです。

 

 


SonyILCE-6000 + SEL1670Z / 36.0mm / F4.0 / ISO1250 / 1/60sec

天満橋は立ち止まっての観覧は禁止・・・にも関わらずこれだけの人が陣取ってます。

橋には数mごとに運営の人が立っていて立ち止まらないように呼びかけていますが、誰も聞いちゃいません。

だって、観覧場所になってないこの橋からが一番キレイに見えますからね。

(この後、この橋から撮ったのが冒頭の写真です。)

 

 

 


SonyILCE-6000 + SEL1670Z / 16.0mm / F4.0 / ISO3200 / 1/25sec

日も沈んだところで光るボールが流され始めました。

光の玉が暗い水面を流れるさまは確かに天の川のよう。

 

 

 


SonyILCE-6000 + SEL1670Z / 25.0mm / F4.0 / ISO3200 / 1/50sec

天神橋から天満橋駅側をみたところ。

 


SonyILCE-6000 + SEL1670Z / 70.0mm / F4.0 / ISO2500 / 1/125sec

こちらは天の川を渡る船・・といったところでしょうか。

 

川に光るボールを流して天の川にするなんてよく考えたものですね。

本当キレイでした。

ボールはちゃんと全数回収しているそうです。

大変な人で賑わうイベントですが、一見の価値有りですので興味を持たれた方は来年にぜひ行ってみてください。

 

↓公式サイト

平成OSAKA天の川伝説

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...