読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shiny photoblog

主に風景。たまに旅行。そして、ねこ。

α6000にオールドレンズ。Nikkor-S Auto 50mm F1.4

f:id:shiny1793:20140703185010j:plain

 Nikonの、Nikkor-S Auto 50mm F1.4です。

このレンズは1962年~1676年の間販売されていた昔のレンズ。

いわゆる「オールドレンズ」ですね。AFも手ぶれ補正もありませんし、電子接点もないのでEXIFにレンズ情報が載りません。

 

オールドレンズの魅力は、

 ・安い(ただしモノによる)

 ・写りにクセがある(最新レンズに画質は劣る・・だがそれがいい

 ・宝探し的な楽しみ(中古がほとんどなので当たり外れがある)

 

先日福井に一緒に行ったO氏の勧めで試しに買ってみました。

梅田の八百富写真機店で5000円ほどで買いました。

絞り開放値F1.4というと、Eマウントレンズにはない明るさです。

 

 

レンズをEマウントにつけるためのアダプタも購入し、α6000で試し撮り。

やっぱりベンチマークには大阪城公園

 


SonyILCE-6000 + Nikkor-S Auto 50mm F1.4 

 

野良猫をパシャリ。

絞りはF2です。ピントの合ってる所はけっこうシャープ。

ボケ方はなんだか独特ですね。

 


SonyILCE-6000 + Nikkor-S Auto 50mm F1.4

 

これはF1.4で。

一気に柔らかい描写になりました。

このレンズ、F1.4とF2以上で写りがガラッと変わります。

F1.4だとソフトフィルターでも使ったかのような写り。

 


SonyILCE-6000 + Nikkor-S Auto 50mm F1.4 / / F / ISO100 / 1/400sec

 

この柔らかい描写がこのレンズの「味」なんでしょうかね。

 

 


SonyILCE-6000 + Nikkor-S Auto 50mm F1.4

 

F4まで絞って、大阪城

ここまで絞るとかなりシャープに。城の細かい装飾までクッキリ写ってます。

 50年前のレンズでも十分実用可能。

ただ、今回は試してないですが逆光とかには弱いかもしれませんね。

 

 

初めてオールドレンズ使ってみましたが、期待以上の写りでびっくりしました。

むしろ、普通に使えてしまって若干の肩透かし感が・・・。

 

 

さすがNikonのレンズ! ということで今回は締めておきましょう。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...