読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shiny photoblog

主に風景。たまに旅行。そして、ねこ。

マレーシア・クアラルンプールで撮った写真たち。


SonyNEX-5R + SELP1650 / 16.0mm / F5.0 / ISO800 / 1/15sec

 

1ヶ月弱のあいだマレーシアに仕事で行ってきました。

休日にはマレーシア(+シンガポール)を観光できたので少しずつ記事にしていきます。

マレーシアシリーズは5部構成の予定です。

 (1)クアラルンプール編

 (2)マレーシアの日常編-1

 (3)マレーシアの日常編-2

 (4)マレーシアのねこフォト

 (5)シンガポール

 

 

 

今回はマレーシアの首都・クアラルンプール編です。

 

 


SonyNEX-5R + SELP1650 / 16.0mm / F7.1 / ISO100 / 1/400sec

 

クアラルンプールについてまず向かったのは、マレーシア最大のモスク。

その名も、スルタン・サラフディン・アブドゥル・アジズ・シャー・モスク。

下を噛みそうな長い名前・・・。通称ブルーモスクと呼ばれているそうです。

 

モスクといえばもちろんイスラム教の宗教施設。

礼拝の時間は中には入れませんし、過度に肌を露出した服装もNGです。

(半袖・長ズボンはOKでした。女性の場合は長袖が必要かも)

とはいえ、観光客向けの対応もしっかりしていて無料でガイド付きで中を案内してくれますし、写真撮影もOKでした。

 

 


SonyNEX-5R + SELP1650 / 16.0mm / F7.1 / ISO100 / 1/200sec

 

SonyNEX-5R + SELP1650 / 16.0mm / F7.1 / ISO100 / 1/100sec

 

床、壁、柱などの造形や装飾が美しかったです。

 

 

 


SonyNEX-5R + SELP1650 / 16.0mm / F7.1 / ISO3200 / 1/40sec

 

こちらが礼拝スペース。

とても広く、2000人以上を収容できるらしいです。

ちなみに、写真正面の方向がメッカです。

 

 


SonyNEX-5R + SELP1650 / 16.0mm / F7.1 / ISO3200 / 1/30sec

 

礼拝スペースの上、ドーム内部。

最上部まで手の込んだ装飾になっていました。

 

ブルーモスクの観光客向けエントランスに昨年の国別来訪者数が書いてあったのですが、日本人がダントツ1位でした。確か2位の中国人の3倍以上だったかと。

そのせいかガイドさん(マレー人)も日本語が少し通じます。英語に日本語を織り交ぜた面白い案内をしてくれました。

ルー大柴の逆バージョンですな・・。 

 

 


SonyNEX-5R + SELP1650 / 16.0mm / F5.6 / ISO100 / 1/200sec

 

ブルーモスクのあとは最寄り駅から電車でクアラルンプール中心部へ向かいました。

あまり鉄道の発展していないマレーシアですが、首都ともなればいくつかの路線が走っています。

ブルーモスク周辺は郊外なので上の写真のような駅ですが、もっと都市部になると地下を走っていたりモノレールもあったりします。

 

 


SonyNEX-5R + SELP1650 / 16.0mm / F7.1 / ISO100 / 1/1250sec

 

クアラルンプール中心部に着き、KLタワーへ。

KLタワーは高さ421mで東南アジア1位の通信塔です。しかも丘の上に建っているので実際の高さはそれ以上。

展望スペースは2つあり、上階のオープンデッキと下の階の展望台。

この日は天気が悪かったのでオープンデッキより安い普通の展望台まで登りました。

 オープンデッキ:RM99(約3000円)

 展望台:RM49(約1500円)

 


SonyNEX-5R + SELP1650 / 16.0mm / F8.0 / ISO1250 / 1/60sec

 

こちらが安い方の展望台。

360度1周できます。設置されている双眼鏡は無料でした(Nikon製)。

 


SonyNEX-5R + SELP1650 / 16.0mm / F8.0 / ISO160 / 1/60sec

 

KLタワーからの眺め。

左奥にあるのがペトロナスツインタワーですね。

天気が悪くてほんとうに残念でした・・。

 

 


SonyNEX-5R + SELP1650 / 16.0mm / F7.1 / ISO100 / 1/640sec

 

そして次はペトロナスツインタワーへ。

ここは高さ452mで、ツインタワーとしては世界一の高さを誇ります。

86階に展望台があるのですが、定員制でチケットには限りがあるため特に土日はすぐに売り切れてしまうようです。

この日もチケット売り切れで登れませんでした・・。

 


SonyNEX-5R + SELP1650 / 16.0mm / F3.5 / ISO200 / 1/1000sec

 

仕方なく、ツインタワーすぐそばの水族館へ行くことにしました。

このコンベンションセンターの地下に水族館があります。

「aquaria」という水族館です。入場料RM50(約1500円)

 


SonyNEX-5R + SELP1650 / 16.0mm / F3.5 / ISO200 / 1/15sec

 

 


SonyNEX-5R + SELP1650 / 16.0mm / F3.5 / ISO1600 / 1/40sec

 

マレーシアらしく、熱帯に住む生物の展示が多かったです。

魚以外にもジャングルに住んでいるようなトカゲや虫類の展示もありました。

 

 


SonyNEX-5R + SELP1650 / 16.0mm / F3.5 / ISO1600 / 1/50sec

 

一番の目玉は長さ90mの水中トンネルで、トンネル内は片側が動く歩道になっている珍しい構造でした。

 


SonyNEX-5R + SELP1650 / 17.0mm / F3.5 / ISO1600 / 1/60sec

 

途中、折り返しでUの字になっている所は、水中トンネル越しに向かい側のトンネルが見れたりもしました。

ここでうまく記念撮影すると面白いと思います。

ガラスの屈折でけっこう難しいですが・・。←やってみて失敗した人

 

 

 


SonyNEX-5R + SELP1650 / 16.0mm / F3.5 / ISO800 / 1/30sec

 

タイムズスクエアというショッピングセンターにある屋内ジェットコースター。

屋内のものとしては世界最長らしいです。

壁や柱に結構近い所を通ってるので怖そうですね。

 

 

 


SonyNEX-5R + SELP1650 / 16.0mm / F4.5 / ISO800 / 1/25sec

 

さて、とっぷり日が暮れた所で再びペトロナスツインタワーへ。

ライトアップされたタワーは白く輝いていました。

多分、このタワーにはホテルがない?オフィスビルだと思うのでこれだけ明るくできるんでしょうね。

 


SonyNEX-5R + SELP1650 / 16.0mm / F5.0 / ISO800 / 1/15sec

 

タワーの前の噴水のショーも結構キレイでした。

三脚は持って行ってないので手持ち撮影でしたがタワーが明るいのでわりと楽に撮れました。

 


SonyNEX-5R + SELP1650 / 17.0mm / F3.5 / ISO1600 / 1/80sec

 

タワーの明かりに雲が照らされて、なかなか威圧感のある雰囲気です。

近未来を舞台にしたゲームにラストダンジョンとして出てきそうな感じですな。

 

 

クアラルンプール編は以上です。

もっと写真が見たい方はFlickrにアップしていますのでこちらをどうぞ。

Malaysia-k.L. - a set on Flickr

 

■マレーシアシリーズ

 (1)クアラルンプール観光 ←イマココ

 (2)日常風景編 その1

 (3)日常風景編 その2

 (4)マレーシアのねこフォト

 (5)シンガポール観光

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...